ガントリークレーン

ガントリークレーン に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

おまえらおはよう。

さて、最近はなかなか良いペースでブログの方もしっかり更新しているという奇跡のような

モデラー生活コディマ インティライミです。

はっきり言ってこの二週間プラッチッQにまったく触らず、金属粉まみれになっておりますが

まみれた甲斐がありまして、ようやく骨組みが出来上がってまいりました。ヒャッハー

できあがったといってもまだまだ鉄工所勤めは続くわけですがw


で、なんだかトラスだーとかなんだとかでいったい何を作っとるんだ?はーん?と聞こえてきそうですが


うっせ。

今から見せる。

はい。まずパーツ

201206121.jpg

真ん中のが大体15.6センチくらい。

こいつらが

201206122.jpg

こーいうふうに合体すると。

ここで分かった人はエライ。素晴らしい。

これが

201206123.jpg

こういうふうに開くわけだよ。

最大で
201206124.jpg

こーんなまで。



いわゆるクレーンね。
それもガントリークレーンという港の工業地帯なんかにあるクソでかいクレーン。


現在は塗装などの便宜上稼働しますが最終的には固定になります。

ガントリークレーンってなに?こういうの。

gantori.jpg

この写真一枚をイメージソースで作っとりますので

細部とかはデッチUP満載です。

アームの角度とか長さとか現物合わせ全開w

これにMSが入るのであまりにも同じように作っちゃうと(作れないけどw)

宇宙世紀感がなさ過ぎるかと思われますが、味付けは所詮の僕様クオリティーですので

ジオンマーク入るくらいだ。と言い切るw

で、

201206125.jpg

まぁまぁこんな配置になるかとおもわれます。

かなりデカいですが1/144ですので

まぁ実寸で30mいかないくらいになるんでないかと思います。



プラ材でできんじゃね?とお思いの諸君。

正直できると思います。

たしかに僕ごときがやっても時間も短く、ソコソコのものはできます。

しかし、強度があれば塗装・輸送時などその他の場面で破損の心配がなくなれば

ラクに作業ができるわけです。

この先はプラ材でディテール追加したとしても骨がしっかりしてればやり直しもラク。

少なくとも作り直しまでは必要がないわけです。

実際、合体させた状態で畳の上に投げてみてもまるで平気w


実際、クソ高いNゲージのクレーンも売ってますが、もうおもちゃ丸出し。
それの精度を高めるっつーのは正直しんどい。


これが今回金属製にこだわった理由。

オーバースケールをジオラマの演出にするギリギリのトコ。

まぁたいしてハンダ付けも上手なワケではないですがなんとかできたかな。


問題はMSの方がうまいことできるかだw

当分鉄工所ネタが続きますノシ
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wakidx03.blog58.fc2.com/tb.php/371-6a1c2848
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。